新旧人類の交差点

 やはりこれは私のアベ政権批判というより、むしろ21世紀デジタル化世界と日本の政治行政システムを構成する制度の不適合ということでしょう。デジタルネットワークシステムにもはや日本の体制そのものが対応不可能という現実を日本の体制が気付いていないという悲劇がアベ体制の国際社会でのすべての失政敗北に繋がっているのはもはや明白で、それは私が批判す…
コメント:0

続きを読むread more

ハイハイ、今行きます

 そういえば昨日CNNの記事にも載っていたが、タイの新幹線もいつの間にか日本から中国製に工事が変わっていたんだ、アベ総理肝いりの日本のインフラ輸出も東南アジアでは全滅、このままでは日本の新幹線は携帯電話と同じガラパゴス技術となりそう。もちろんトルコに輸出が決まっていた原発やインドの石炭ガス化発電も各国の猛反発に遭いあえなく頓挫。いったい…
コメント:2

続きを読むread more

風吹けば~が傷つく

 なるほど、政治スキャンダルばかりで自分に批判の矛先が全部向かないように?、時にはアイドルの結婚を発表したり時には芸能人の薬物逮捕を演出したり?。するものなんでしようか、尤も海の向こうでも自分の弾劾捜査を邪魔するため色々工作している話は毎日のように流れてきますからこの手の情報操作はお手の物だとしても何ら違和感はありませんが、現に今回の女…
コメント:0

続きを読むread more

背中がゾクゾクしてきた

 何だか皆して来年のオリンピックやら消費税の還元セールやら目先のゴマカシに気を取られるふりをして不安を打ち消そうと、あいも変わらずアベ体制ヨイショをやっているが、ホントに良いのか?、このままで。政治、行政だけでなく司法まで壊したまま何も手付かずで鬼の待つすぐそこの未来に体当たりしようと?。ハハ、まるで肌がゾワゾワしてくるようなスリリング…
コメント:2

続きを読むread more

PC不調の昨日今日

 出ましたねメガバンク3行の決算、ハハ。同調国家経済の結果、学校でもありましたが権力者の意向にそぐわないヤツは仲間外れ、その結果の赤信号真っ赤っか。ミギ翼だけでは飛行機は飛ばないがどういうわけかこの国では片翼だけで飛行機が飛ぶものらしい。21世紀になっても未だそれに気づかず右向け同調圧力はメディアでも盛んに言われ続けている。片翼飛行がい…
コメント:4

続きを読むread more

鬼が笑う来春の花の季節?

 来年もマイナス金利が続くなら?、銀行大手3行も預金口座手数料を取らざるを得ない、とその日銀は今後さらにマイナス金利の深堀も辞さない、と強き?の発言。もちろんその発端はアベノミクスの超金融緩和。何故誰もアベ総理に突っ込みを入れないか?、大概がそれを喜んでいたから、そうでしょ?。アベノミクスに限らずアベ総理の嘘を大喜びで支持しそれで自分の…
コメント:0

続きを読むread more

こりゃ大変だ

 季節の移ろいとは恐ろしいものだ、今まで夜中の2時3時に目がパカパカしていたのにいつの間にか、今朝は目が覚めると〈あ、もう7時になる?〉とあれからまだ2週間とは経っていないのに。そしてこんな時間まで寝てしまうと起きた後やらねばならないことが一人と言えどいっぱいあって、PCを開くどころの騒ぎではない。慌てて身支度すると急いでいつものことを…
コメント:0

続きを読むread more

久留米絣と無法松の恋

 ハハもう冬が来るという、仕方ないから袢纏を買ってきた。念願の久留米袢纏である、久留米袢纏と言えばそうあの無法松だ。映画では三国廉太郎扮する松五郎が南田洋子と久留米絣を着た息子を人力車に乗せ久留米袢纏をはためかせてさっそうと走る場面が今でも目に焼き付いている。密かに思いを寄せる小柄な奥様とその息子を守る大男の松五郎の生き方に日本男児の失…
コメント:2

続きを読むread more

それだけの事が大ごと

 今一部のお笑い芸人が納税したしないでつるし上げを食らっている、皆ご存知だろう。いつものように制度を悪用した目立つ人間をスケープゴートにして、悪用できる制度はそのまま手を付けない日本社会の制度絶対主義、その偏った在り方が不公平感を社会にもたらし、制度を悪用できる人間だけがオイシイ思いをする、その最たるものが政治官僚制度なのだ。その大本は…
コメント:0

続きを読むread more

生きる意味を覚える

 そうですね、この気持ちを言葉にして言うならば、100の書物を読むより現物を一目見ろ、でしょうか。原因も何も分かりませんが、この度体の痺れが治りました、ハハ。いや完全に治ったわけではありません、まだ少し内部の部品が固まっていまして、いえ、ウソではありません、それを知っている人がいまして、2年前私の手術を担当した外科医の先生が手術後私に何…
コメント:0

続きを読むread more

何事も下から上に

 お早うございます、ただ今午前4時30分、季節の移ろいとともに私の起きる時間も次第に調整が付いてきてようやくまともな時間になってきました、ヘヘ。このところ一気に秋が深まりなんだか夏~晩秋みたいな尤もその間に台風、大雨が何回か挟まりましたが今日は11月第2土曜日、千葉ではボランティアの人たちを随分欲しがっている大変な状態、もうちょっと親身…
コメント:0

続きを読むread more

お見合いツアー

 先日ボーッとしながらTVを見ていたら、お見合い企画会社が主催するお見合いバスツアーを取材していた。今は若いヒトより40代から60代の所謂熟年見合いが盛況で毎回満員御礼だという。お見合いツアーだから大体中身は似たようなモノで特別興味をひくものではなかったが、そんなことより参加する人たちの熱の入りようには驚かされた。人気のある男女の争奪戦…
コメント:2

続きを読むread more

自分には魂があること

 山梨道志村のキャンプ場で未だに行方不明の小倉美咲ちゃんのお母さんがSNSで犯人扱いされているという記事を読んで、日本人は人の傷に塩を擦り込むことが余程好きな生き物だなぁと、そういう虐めはやがて自分に還ってくる類のものだということを知らない人が多いから、この国には苛め虐待が絶えないのだと、だからいくら虐待した両親を罰しても何の意味もない…
コメント:0

続きを読むread more

息抜き的考察

 今日はちと息抜き(ガス抜きかな)の話を、ハハ。あまり堅苦しい話ばかりでは肩がこるのでたまには、皆さんも経験があると思うので今日は突然食後シャックリが出て苦しくなり10分ほど止まらなくなって、どうしてシャックリが起きるのかしばらく考えながら横になっていると、思いついたのがシャックリは実はゲップのガスが抜けないためにそれが繰り返される現象…
コメント:2

続きを読むread more

戦後という年月

 戦後活躍した人々が次々と亡くなっていく、先日亡くなった八千草薫さんはやはり「岸辺のアルバム」だったのか、私も毎回見ていた記憶があるが実は八千草さんのことはあまり記憶になく、当時あの作品でデビューした国富裕之のことを強く覚えていた。年が近かったからかもしれない、当時私は兄が事故死して数年経ってやはり家族の崩壊をこの目で見ていたのでこの作…
コメント:2

続きを読むread more

死闘

 ちょうど午後の今にも泣きそうな空もよう3連休の気怠い時間いつの間にかうとうととして、ふと目を覚ますと点けたTV画面では女子ゴルフの死闘が繰り広げられていた、と言っても実際には録画の場面ではあったが、鈴木愛と韓国の申ジエの二人が18番最終ホール、そこで申ジエの2打目はグリーン左手前のバンカーへ、名手申ジエのバンカーショットはどうしたわけ…
コメント:0

続きを読むread more

何の3連休?

 文化の日である、が日曜日であるため本当の休みは明日かもしれない、ハハ。文化と言えばいつも私が話題に据える日本文化、このとり憑く縞のない茫洋とした響きの中に日本人は一体何をイメージしてきたのだろう。強烈に思い出すのは今回懲役7年を求刑されたあの籠池夫妻が子供たちに暗唱させていた「教育勅語」の儒教文化であろう、だが残念ながら儒教はご存知中…
コメント:0

続きを読むread more

火のないところに煙?

 ハハ、ついに潰れましたね萩生田英語教育構想、NHKは夜9時のニュースで子供たちの立場に立って大人の都合で子供たちが振り回されていると、まるで大人の責任のような口ぶりでこの問題の責任を大人にすり替えていたが、これは大人のせいではない、アベ政権の制度利権の強引な都合による責任である。何年か前アベ総理の英語教育強化の目的で始まったこの英語試…
コメント:2

続きを読むread more

首里城炎上のこと

 昨日は沖縄の首里城炎上に度肝を抜かれ、ブログ欄に載っていたそれに関連するブログを拾い読みしていたが、あまり多い数ではなかったがある程度のものを読ませていただいた。本当はこんな言い方は失礼極まりないことは百も承知ながら総じて軽い言葉が多かった、自分の血肉を通して語った言葉が少ない印象を私は個人的に感じたが、それだけ日本人にとって沖縄は遠…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

荒波に浮かぶ小舟はいづこへ

 トランプ氏の弾劾問題は一体どうなるのか?、ISISのバグダディ容疑者がトランプ政権の手によって殺され、それによってトランプ氏の再選は必至だとか、更にはISISの内部分裂によってバグダディ師はすでにお払い箱になっていて、新しい指導者側によって居場所が漏洩された結果だったとか、情報が入り乱れいかにもトランプ政権のありさまを彷彿とさせるアメ…
コメント:2

続きを読むread more

最近のコメント