henokaapa

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK

<<   作成日時 : 2015/05/10 10:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

皮肉にも安倍政権の政策を支えているNHKが子供の貧困問題を中途半端に題材にして捉えていたが、子供の貧困はその親の貧困が原因なのは当然、しかも先進国で最も貧困率が高いのはアメリカ、そのアメリカの政治を真似しているのだから日本の貧困率が上がるのは自明の理、政治を変えなければこの危機は決して消えはしない。政策予算が足りないとNHKの司会者が強調しているが、政治家にバックをしている企業に必要のない補助金を垂れ流している現実を見逃しておいて、予算が足りないなどと不用意に言う事は間違っている、NHKは社会の問題と捉えたがっているが、これは間違いなく政治の政策偏重による結果なのは明らかで、これを根本的に変えるのは、国民が政治を変える意思がなければこの国の危機は消えはしない。この国は政治が主体になって動いている、それは大きな間違いで国民が国の主体にならなければ民主主義は成立しないし、国民のための政治は行われる事はない、根源的に政治が国民のために為される国に ならなければ この国はやがて消滅する宿命を背負っていく。この国民と政治の断絶は今まで私が指摘してきた事なので何度もは書く必要がないだろう、この不幸な現実を解消させるには国民がこの国を自分のものだと膚で感じられる社会に作り変えていかなければ、変えられない。政治と官僚組織が国民にお前達は住まわせてもらっているんだという抑圧をやめない限り、この状態、この危機は消える事はない、私は断言する。彼等が自らお上意識を捨てない限り、そして君主統治意識を捨て、民主国家を実現しない限り、この国は常に瓦解の危機をはらんで歴史を歩んでいく事になる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK henokaapa/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる