henokaapa

アクセスカウンタ

zoom RSS また来年

<<   作成日時 : 2016/12/31 08:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 消去法的な今年の良かったことを探すとまるで安倍政権を選択した人々みたいなことになってしまったが、私の場合消去法でも安倍政権は選ばない、と固く心に誓った今年の元旦、再び元旦が巡り来そうな、いや待てよそういえば何も心に響かなかった安倍総理の真珠湾でのスピーチ、今年の締めくくりとしては余りに締まりが悪いので、ただオバマ政権に総理にしてもらった4年前を感謝した気持ちしか私には伝わってこなかったので、では私はいったい何に感謝すればいいのかつらつら考えてみた。一年を締めくくる気持ちとしてはやはりつたないブログを読んでくださった人に感謝する以外ない、と。どなたかがブログのなかで書かれていたが国民次第だと、しかしことはそんなに簡単ではないのは誰しも思っていることです。教育そのものを変えないと官僚を作るための基本システムがすべてを決める基本になっているので、そこを一人一人の人間を育てる教育システムに変えなければこの形は変わりません、成績のいいものがそうでないものを見下して官僚になる記憶教育最優先システムが何も問題解決に頭を使えない官僚システムを作り出し何も解決できない行政システムがこの国をダメにしているということは皆さん身に染みて感じておられるのではないか、と。日本が発展しない原因がここに潜んでいると今年の締めくくりは安倍総理のアメリカ感謝ではなく、この教育をぶっ壊して新しく作り直さないとずっと官僚ロボットに支配される安倍政権が続くことになる、と皆様に呼びかけることを今年のシメ言葉にしたいと思います。明るい未来は官僚教育を壊す先に見えてくる、この暗いトンネルこそ来年は抜け出したい、それが安倍政権の先に抜け出すことにつながるのだと、日本韓国中国のこの亡国官僚教育システム、病の元は断ち切らないと消去法は完治したことになりません。この国の官僚試験が全ての試験の元になっているでしょう、ということはそのための教育がこの国のすべてを決めているのです、皆さんスッキリしたでしょう。教育そのものを変えましょう、来年はそのための闘いが待っています、年老いてなんかいられません、もうひと踏ん張りする覚悟が必要です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
また来年 henokaapa/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる