henokaapa

アクセスカウンタ

zoom RSS おつくり

<<   作成日時 : 2017/01/22 16:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 福島から避難している子供を教師自ら虐めている現実、体制にとって足手まといで厄介な存在を差別したり虐めるのがこの国の教育の本質だということがこれほどわかりやすい事例は滅多にないことが良くお分かりになったでしょう。そして校長もその上の教育委員会も、隠したり誤魔化したり、皆それから上にずっと権力へと出世競争を通して繋がっているからです。皆不祥事だから隠したがる、と思っていますが隠したがるのはこれが不祥事ではなく本質だからです。私がいつも言っていることがこれでよく分かったのでは?。体制が作った制度の犠牲になったにも関わらず、その犠牲者が邪魔になれば差別や虐めで貶める、それが解っているから皆体制の言いなりになり、それがますます社会を腐らせ狂気が社会に沈殿してそれを隠すため上辺だけは変に優しい社会ができ、いざとなると狂気が首をもたげとんでもない社会に豹変する、私が説明してきたことが良く分かったでしょう、その狂気の元を絶たないと何時まで経ってもみな幸せな暮らしができる社会にはなりません。ありのままで良いと思わないで、そうでないとあなたの子供も孫も、そのまた子供も同じ目に合う社会が続くのです。この国ではずっと昔からリトルトランプのような人物が政治をやってきたのです、それに逆らうものは皆逆賊として処分され、だから革命など起きようはなかった。ご無理御尤もの社会に何が出来上がるか皆さんお分かりになるでしょう。この社会はそうして出来上がっているのです。だから狂気が当たり前のこととして通用する社会が他国など誰の干渉も受けることなく出来上がっている。アメリカのトランプ政権は鏡の姿を見るいい機会になるでしょう、自分の本当の姿を何処かのリトルトランプと一緒に眺めてください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おつくり henokaapa/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる