henokaapa

アクセスカウンタ

zoom RSS 余りに

<<   作成日時 : 2017/08/09 07:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 教科書問題、慰安婦問題を取り上げた教科書を採用した学校に抗議をする人間がいる、というニュースが毎日のウェブ版にあった。今でも戦前の国家体制を肯定する人間がいて、安倍政権とともに過去に国を遡りたい人間が沢山いるということを示す。それが自分の滅びを意味することを認識できない哀しい人たち、そういう人たちは自分の子供や孫を戦場に送り出し、もしその子や孫が戦場から小野田少尉や横井二等兵のように戻ったら、「何故死んで戻ってこない、バカ者」と叱り付けるのだろうか。そういう人間に限って自分の孫子は決して戦場に行かせないよう工作する人間たちだと私は思う、自分のことだけしか考えられない人間、自己認識能力のない人間しか狂気の体制に賛同することなど出来る筈はない、自分が滅びに向かって突き進む人間は自分がそんなことを考えていることなど意識できないからこそ、他人に要求できるのだ。47ニュースのどこかの新聞に戦争体験者が戦争は人を狂わせる、と言っていたが、戦争が人を狂わせるのではない、極限状態になれば眠っている狂気を呼び覚ますのだ、今日本を襲っている様々な不安が、人々の退行現象を引き起こし、安倍政権という過去の亡霊を呼び起こしたように。だからこそそういう狂気持つ社会を作ってはいけないのだ。日本人が国際社会の一員として人間らしい人間になることがどれほど大切か、自分以外の人間を人間として認められない国の人間を、国際社会がまともな国と認める筈がないことなど小学生でも理解できることだ、それさえできない狂気の国のまま、21世紀を生きている人間がいるのだ、それだけでなくそういうメンバーによって政府が作られていることを国際社会はどう思うか、日本人は考えたことはないのか?。実に哀しいこれは悲劇だ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
駅前で「 戦争はダメ 」 というシンプルな署名活動をしている方が居られたそうだ。
其処へ20代前半の若者が 「 何故 そんな署名をしなきゃならないんだ? 」と。「 戦争になりそうになったら反対する 」 と、言ったそうだ!
署名活動をしていた方が・・・言われた。
「 戦争がはじまりそうになったら 君たちは もう反対など出来ないんだよ。戦地に送り込まれれるんだよ! 」と、諭したそうだ。
若者 キョトンとしていたそうだ!

実際、今の若者は何も分かっちゃ居ない人が多過ぎる。

変な国になる前に 変な国にしないことが大切なのにね。

死んでいく年寄りは まだしも・・・私たちは 若い日本人の行く末が心配なのですよね。
ハイジママ
2017/08/09 09:00
 そうなんです、ここに同じ戦争に対するドイツと日本の戦後の違いがあります。何もかもドイツと日本は反対に向かい、戦後を走ってきました。その違いがこれだけかけ離れてしまった。日本の子供たちは戦争をゲームの延長のように考えて現実として捉えられない、それは日本の体制による教育がそうさせてしまいました、私たちはこれからそれを変えなければ、戦争責任を終えらせたことにはなりません。
henokaapa
2017/08/09 09:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
余りに henokaapa/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる