henokaapa

アクセスカウンタ

zoom RSS 道連れ

<<   作成日時 : 2015/05/11 05:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今でも腑に落ちない事がひとつ、あれだけの不祥事を起こし逮捕者まで出した相撲の賭博八百長事件、にも拘らずNHKがいまだに総合テレビで堂々放送を続けている不可思議。どんな再発防止策が取られたのかも不明確のまま何事もなかったかのように続けられるこの国の国技、反社会勢力の温存を国自体が図っているようにしか思えない、そして誰もそれに異を唱えようとしない、なあなあまあまあ社会、それが一千兆円超えて更に膨らんでいる借金を平気で作り続けている政治がでかい顔をして国民を見下している国を作り上げている。これで危機に陥らないほうが不思議だろう。どうしてこんな国が出来上がってしまったのか誰もその原因を検証し、危機を克服しようとするものも現れない。何の力もない一個人がいくらそんなことを叫んでみたところでどうなるものでもない、がやがて破滅しかねないこの危機をこのまま黙っていては自分が自分を許す事が出来ないから、どんなに小さな声でも発しておくことが大切と思ってここに書いておきたい。アメリカの意思ひとつで政治も経済も簡単にひねり潰されるこの国の体制のあり方、格差は益々広がり、生活することもままならない層が次第に広がり、途絶する集落が続発していく地方、それでも政治を変えようとしないこの国、どう考えても将来に希望が持てるこれが政治のあり方と誰しも思えないはずなのに、誰も異を唱えるものがいない、どころかこの国は素晴らしいとまで言い張っている政治と宣伝メディア。手を上げて黙って首をひねる以外にない。確かに民間では今でも新しい技術を研究開発して最先端の産業開発も行われている、けれどもそれが既存の利権に道をふさがれたり、政治の無力によって世界基準になれなかったりしてせっかくの技術も外国にとられてしまう。そしてそれらの国の後ろを弱弱しく走っていく事になる。それもこれも全部国際社会で主体性を持つ力のない政治の為す結果なのだ、そのジレンマを見当違いの軍事力に持ち込んでいきがる安倍政権、やっている事が正当性を持たないから欺瞞で国民をだます事しかできない。それが今の現在のこの国の嘘偽りない姿。日本の本当の誇りと主体性を取り戻し、国際社会に認められリードして行く国にするためにはアメリカに媚び諂い従属する事に甘んじている今の政治を取り替えるしか方法はない。それには今のこのあり方が間違っている事を自覚する必要がある。今突っ走りだそうとしている政治の方向は国民を不幸に突き落とす方向に向かっていることは断言できる、間違っている。開かれた未来ではない、閉ざされた袋小路に国民を連れて行こうとしている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
道連れ henokaapa/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる