henokaapa

アクセスカウンタ

zoom RSS お薦め

<<   作成日時 : 2016/12/08 06:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ヘイトスピーチに代表されるようにこの国には保守的思想の素地に加え最近のポピュリズムに力を得て、外国人や難民などの排斥を訴える声が多く聞こえる、以前から何度かそうしたものに対して意見を述べてきたがそういう人たちは自分自身が社会の国際化についていけない不安を自ら感じているに過ぎないという自己認識さえできていないということがある、しかも外国人を受け入れると国そのものが乗っ取られるという風なちょっと信じられない言葉まである、それはこの国が国家としてきちんと強固な基盤ができていないということを自ら告白しているにすぎず、国際社会を見たことがない自分の視野の狭さをただ大声で叫んでいるに過ぎない。例えば一度でもシンガポールに行って国際国家の事実を目にしたものはそのようなことは言いはしない。街にはあらゆる人種の人たちが歩き、夜になるとその人たちが屋台で一緒に食事をしている、それだからこそシンガポールは国際金融国家として日本をしのぐ豊かな国家として繁栄している。日本を飛び出してほかの国を見たものは日本ほど閉ざされた国はほかにないことを痛いほど感ずる。そしてそれが国際社会にヒューマニズムや人種差別、偏見で大きな格差を持っていることに気づかされる。そうした国際化が少しも進んでいないこの国でポピュリズムそのものを掲げること自体がナンセンスであり、国際化を経験したものがポピュリズムを叫ぶのならまだしも、単なる臆病な視野の狭さから外国人を怖がっているだけの排他主義は笑止というほかない。そういう人には本当に豊かな国家として再生したいと願うのなら、懐にため込んだ小銭をもってまず海外に出かけてみてくることを勧める。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お薦め henokaapa/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる