henokaapa

アクセスカウンタ

zoom RSS 化粧の下の素顔は

<<   作成日時 : 2017/03/05 08:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 日々のニュースに人々が感じ求めているものを読んでいると、たくさんの人々が本当のことが知りたい、という願いを持っていることが投稿に寄せられている、それだけ今のニュースは偏ったニュースが多いと感じられていることを物語っている。特に多いのは特定の思潮に意見を誘導するものが多く事実にことよせて巧みにある方向に意見を導く手法がとられている、と感じている人が大半だった。戦後日本に導入された民主主義はいわば戦勝国(アメリカ)からある意味押し付けられたものとしてそれを取り入れる側(日本のかつての文部省等)の中にもそれに反感を持つものたちがいただろうことは容易に想像がつく。それが70年たった今でも本当の意味での民主主義が日本に根付かなかった素因ではなかったかと思う。しかも持ち込んだアメリカの民主主義も共産主義など左翼系思想を端から拒否する云わば偏った民主主義にすぎなかったことが事態をより面倒にした。本来民主主義は右翼、左翼主義とは関係なく、主権を国民に置くためのもので政治の在り方を国民が決める、国家主義とは真反対のもので、かつて日本では考えられたこともない制度であり、そんな水と油のような制度をそんなに簡単に根付くはずもない制度であることは間違いない、しかもそれを戦争に負けた相手が持ち込んできた、とあっては相手の顔色を窺いながら元の顔に少しづつ塗りたくりながら化粧をしていった、という格好が目に見えるように想像がつく。そうしてこの国の民主主義は70年経って次第に剥がれつつある厚化粧のようなものだった、ということを人々は今感じだしている、それがニュースの真実が実は言葉巧みに修飾されたものであることを感ずる理由ではないか、ということだと思う。真実は一体どこにあるのか、日々政治の誤魔化しや国民をバカにした政策を見るにつけ、その本心を知りたいと思う人々が増え続けても、それは自然の成り行きとして仕方ないことだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
化粧の下の素顔は henokaapa/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる